So-net無料ブログ作成
検索選択
ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 ブログトップ

[After Effects CS5.5]筆順アニメーション制作 [ADOBE CREATIVE SUITE 5.5]

筆順アニメーション制作手順を備忘録をかねてブログにします。
私は学生時代にPhotoshopIllustratorをほんの少し触ったことがあるもののAfter Effectsを使ったことは全くなく、超入門者ですが、映像職人JERONI毛さんのサイトを参考にしながら、すごいつまりつまりで何とか我流のアニメーションができあがりました。

今までgifアニメーションを自力で作成していたのでこのAfter Effectsの威力ですごい作業が楽になりました。[わーい(嬉しい顔)]
では「ド素人流After Effects筆順アニメのSWFを作成する」の始まりです。

①「ファイル」>「新規」>「新規プロジェクト」
②「コンポジション」>「新規コンポジション」
スクリーンショット 2012-03-31 20.57.35.png
③「レイヤー」>「新規」>「テキスト」
④ テキストを入力 
⑤「レイヤー」>「新規」>「平面」で「ブラック 平面1」を追加する。
スクリーンショット 2012-03-31 21.12.48.png
⑥ トランスフォームの不透明度を50%にする。
スクリーンショット 2012-04-01 14.10.19.png
⑦ペンツールでパスを描く
スクリーンショット 2012-03-31 21.17.03.png
⑧トランスフォームの不透明度を100%に戻す。
⑨「ブラック 平面1」を選択して「エフェクト」>「描画」>「線」を選択する。
⑩タイムフレームを変更する。
  アニメーションの速度が一定になるようにタイムフレームを変更しました。 
⑪「ブラック 平面1」のエフェクトコントロールの「線」の終了の値を変更しながらのキーフレームを入れる。
スクリーンショット 2012-04-01 8.45.45.png
⑫線のプロパティーのブラシのサイズを9.0にする。カラーを#239CBAにする。
スクリーンショット 2012-04-01 14.17.25.png

スクリーンショット 2012-03-31 20.39.53.png

⑬「ブラック 平面1」のT トラックマットを「透明」にする。
スクリーンショット 2012-04-01 8.47.08.png

⑭「ファイル」>「書き出し」>「Adobe Flash Player (SWF)」にする。

ココまでやっての感想
普段はプログラミングをしているんですが、After Effectsも共通点があると思います。
まずは、知らないと、実行できないこと。知識を得るための学習が欠かせないことです。
それと、おそらく沢山あるツール、やり方を組み合わせて「創意工夫」によって無限の制作の領域があること。
違う点も沢山あるのだと思うのですが、After Effectsを全然知らないので、私はここでコメントすることができません。。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 MASTER COLLECTIONプレゼントしてもらっちゃいました! [ADOBE CREATIVE SUITE 5.5]

ご主人様にADOBE CREATIVE SUITE 5.5 MASTER COLLECTIONクリスマスプレゼントとしてプレゼントしてもらっちゃいました!



信じられない気持ちで嬉しさいっぱいです[exclamation][exclamation]それはもう、知的好奇心がもくもくわき上がってきています。
(ちなみに、とってもすばらしい本The Business of iPhone and iPad App Developmentという本と中級のFishing kitもクリスマスプレゼントでくれたんです。なんて気前がいいんでしょう。。それに比べて私のはというと、そろそろ新調したいといっていたお財布1万円程度とPS3のゲームというなんともさみしいプレゼント。それでもとっても喜んでくれた旦那様にとても感謝しています。)


それでもAdobeのクリエーター用の最高峰製品のSuiteは実は今の私にとってとてもいいタイミングでのプレゼントだったんです。
その理由として、まず、Creative Suiteの一つPhotoshop CS 5.5 ExtendedはPhotoshopElementsとは比べ物にならないすばらしいものです。アプリ開発をしているととても絵を描く機会が多いんです。なので私はWACOMのペンタブレットを使ってPhotoshop ElementsとPainterEssentialsで絵本アプリを作成中だったんです。
今年も本当に1回か2回だけだったと思うんですが、私はご主人様に"I want to make some app with FLASH someday..."みたいなことを言ったり"I wanted to make a stroke order with AfterEffect, but this time, I am going to make it on AnimationGIF instead..." みたいなことをたまーに言っていたんですよね。

どうしましょう!!現在作成中の絵本アプリはネイティブコードObjectiveCで開発中なのですがちょっと一休みして「FLASH(+AfterEffect)を使って開発できるアプリ企画を先行させちゃおうかな」なんてルンルン考えています。でもActionScriptってやったことないのでまずは企画とちょい勉だけにします。絵本アプリの後に実はどうしてもネイティブコードで開発したいアプリがあるのでそっちを優先することになると思います。

実は家で色々ビデオの編集もやっていてWindowsでUleadのVideo StudioやMacのiMovieでもちょっとiMovieって物足りなかったんですよね。Premireでホームムービーと子供用にクリスマスアニメーションを作ってみたくなってしまっています。でもこっちは後回し。

来年はそろそろ真剣に開発企画パートナーを探すことも考えようかな。こんなすごいパッケージを買ってもらったんだし、一人で全部できないこともなさそうなんだけどね。やっぱり同じような気持ちになれる人と肩を並べて企画開発するのって楽しいじゃないですか。
旦那さんはオタクの域を超えるIT系の人なのだけれど、今のところ会社づとめで自由な時間はとりにくいんですよね。そうなると四六時中一緒にアイデアをディスカッションしたり、開発したりイラスト描いたりなんてことはできないんだよね。旦那さんは企画だけ参加してもらうだけで十分。

今後のブログで私の「FLASHちょこっと勉強室」みたいなコラムを書いてみたいなと思います。

(今日のブログの編集後記)
私は大学時代文字通り良く遊びよく学んだと思います。大学の研究室にはPhotoshop, Painterのマシンが常に使える状態だったのでよくイラストを書いていたともだちを横目に一緒に絵を描いていました。そのともだちは結局大手ゲーム会社にイラストレータで就職しています。この時にCGをやっていたことが今になって役に立っています。やっぱりいっぱいいろんなことを経験していきたいと思います。だって一回しかない人生ですもんね。子育てにも役立てていきたいです。

nice!(0) 
ADOBE CREATIVE SUITE 5.5 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。